ヨッシーの成長日記

商社で働く若手が日々感じたこと、勉強したこと等を書いていきます。

キャリア

ESの書き方

投稿日:

今回は、ESの書き方について説明したいと思います。

 

ESで書かなければいけないことは、基本的に自己アピールと志望動機の2つです。この2つは独立しているものでなく、①会社の事業内容を理解しており、②自分がなぜその事業に関わりたいか(=志望動機)を③自分が今までの体験とそれによって得た価値観(=自己アピール)によって補強するという関係になっていることが基本的な流れになると思います。基本的な戦略としては、就活直前となってから自己アピールのネタを新たに作ることは難しいため、企業の事業内容と自分が今までしてきた経験をうまく結び付けてストーリーを作れるかどうかが大きなポイントとなっています。

以下でそれぞれの内容について記載していきます。

①企業がどのような事業を行っているか

企業がどのような事業を行っているかについては、企業のIRページを確認してみるとよいでしょう。複数の事業を行っているような会社であれば、セグメント情報と呼ばれるセグメント(事業)ごとの売上、利益などが記載されているため、どの事業が近年の稼ぎ頭かが一目でわかります。

この中で、近年伸びているまたは積極的に投資を行っている事業であり、自分が入社後に貢献出来そうな事業について語れるようになるとそれだけで具体性が増したエピソードを語れるようになるかと思います。

②自分がなぜその事業に関わりたいか

自分が大学時代(またはそれ以前)において経験してきたこととそれによって得た価値観と関連性の深い企業の事業領域を見つけ、自分の経験を踏まえてその事業に対して関わりたいということをアピールしましょう。商社の事業を例に挙げると、トレーディングにより手数料を稼ぐようなビジネスでは扱う金額自体は大きくないものの、船の手配から取引先との交渉まで全般的に行わなければならないため、一人で頑張る馬力が要求される一方で、プラントの建設のように他の企業(場合によっては国)と協力して事業を行うような事業投資ビジネスでは、扱う金額は大きい一方で自分が扱うことになる領域は小さい分、他のステークホルダーと協力してビジネスを行っていることが要求される、というように全く異なる能力が必要とされます。

③自分の体験とそれによって得た価値観

自分が関わりたい事業において求められる(と思われる)能力について結び付けられる様に、自分の経験をアピールしましょう。例えば、大学での研究活動をエピソードとする場合に、トレーディングに関わりたいことをアピールする場合には一人で自分の研究をやり抜いた話を行い、事業投資に関わりたいことをアピールする場合には研究室のメンバーや企業と協力してプロジェクトを進めた話をする、といった具合です。

 

就業経験がない新卒の就活においては、自分がなぜその企業に入りたいかということをストーリーをもって語れるかということが大きな判断基準となりますので、この点を意識しながらESを記載することが出来れば、通過率を上げることが出来るかと思います。

 

-キャリア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

就活時の戦略

数年前には就活生側であり、また現在は同じ部署の先輩が実際に面接官をしている こともあり、久しぶりに就職活動のことについて触れることが出来ればと思いました。 次回以降、数回に分けて自分がどのように就職活 …

no image

志望業界の絞り方

前回の投稿で書いた通り、志望業界の効果的な絞り方について説明できればと思います。 自分自身は最終的に総合商社という典型的な日本企業に就職することにしましたが、それまでに外資系企業やベンチャー企業に就職 …

no image

面接への臨み方

今回は、面接への臨み方について書きます。 前にした投稿でも書いた通り、採用に当たって特別なスキルを必要としない日本の就活においては、①企業が扱っている事業に対する理解、②自分がその事業に携わりたいと思 …

no image

2016年の振り返り

纏まった時間があるので2016年の振り返りをすることが出来ればと思います。 今年は大変でした。というのも、そもそも人の入れ替わりが激しい部署でしたが、今年1年で4割強の人が入れ替わったために仕事が回ら …